topimage

2017-03

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【行正り香さんのクッキングセミナー】 - 2012.05.10 Thu

こんにちは



ESSEさんに招待いただき
行正り香さんの
アメリカン・ポーク クッキングセミナーへ行って参りました



3_20120509235905.jpg





まずはアメリカンポークの特徴
  ①広大な大自然で、大豆やトウモロコシ等の栄養豊富な穀物で育てられているためやわらかくて
   とってもジューシー

  ②2週間のチルド輸送中に低音熟成されるから旨みが増し、更においしさアップ。
   食卓に上るころが一番食べごろに
  

  ③Farm to Table(農場から食卓まで)という理念のもと、アメリカン・ポークの安全性を厳しくチェック。
    また、検査に合格したものだけを日本に出荷

  ④低脂肪・低カロリー、良質なたんぱく質、ビタミンB郡、ミネラルなどが豊富だからとってもヘルシー


    とのこと。国産以外の食材を使うには抵抗があったのですが
こうしてきちんと説明を聞かせていただくことで身近に感じられることができました。


さらに詳しい説明はこちら

http://www.americanmeat.jp/index.html




アメリカン・ポークを使ったレシピを
行正先生がデモンストレーションしてくださいました 
 
手本を近くで見ることができたり
先生の気さくなお人柄もあり、気軽にお話させていただくこともできました


6_20120510000314.jpg 




メニューは
■120℃アメリカン・ポーク ロースの温泉焼き、サンドイッチ
■アメリカン・ポーク 肩ロースのマーマレード煮
■バックリブとたけのこのエスニック煮 





2_20120509235906.jpg  





1_20120509235907.jpg


実際に試食させていただきました

どれもこれも作る工程は簡単なのに
まるで手の込んだ高級感のあるお味

それに国産の豚肉と比べるとあっさりしていてヘルシーなのがわかります
お腹いっぱいになったのですが
胃もたれもありませんでした

これなら我慢せずにダイエットできそう^^


バックリブとは日本で言うスペアリブのことで
国産のものより肉が多く食べ応えがありました


国内消費を大切にしながらも
こういった食材を上手に取り入れられたらいいかなと思いました
5_20120509235903.jpg


そして、
行正先生の美しいこと!!

近くで写真を撮らせていただいても良いですか?のお願いに快く応えてくださいました
テレビや雑誌で拝見しても美しいのですが
実物は近くで見るほど美しく、お肌は陶器のようにピカピカ
次は是非ビューティセミナーを開催していただきたいものです
美の秘訣は「たんぱく質を多く取ること」
ですって!!
よぅ~し!たんぱく質摂取頑張るぞ~




この日に教えていただいた詳しいレシピはRead Moreに書かせていただきました
とても簡単なので私にも出来そうです^^



4_20120509235904.jpg 

今日もご訪問ありがとうございます
応援ポッチリいただければ幸いです

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ

プラチナバッジ






各レシピ
■120℃アメリカン・ポーク ロースの温泉焼き 
材料(4人分)
アメリカン・ポーク ロース肉かたまり・・・500g
塩・・・小さじ2
こしょう・・・適宜
天板に入れる水・・・1カップほど

作り方[ロース肉の温泉焼き]
①オーブンを120℃にあたためる。塩を全体にすりこむ。
②蒸気を作り出すためにオーブン天板に水を入れ、その上に網を乗せる。
お肉をのせて120℃で60分を目安にゆっくり火を通してゆく。
(ビルトインオーブンは火の通りが早いので10分調理時間を短くする)
③オーブンから取り出したら、肉汁を閉じ込めるためアルミホイルにくるみ、
20分ほどやすませて、7mmの薄さに切る。
※すぐにきると肉汁が出てしまうため。

サンドイッチ
①全部のパンにマヨネーズと粒マスタードを塗る。
一枚のパンの上にロースト肉をのせて塩をパラパラふる。
さらにチーズ、その上にはちみつを塗り、次にアボカドの順番でのせる。
もう一枚のぱんをのせて、具をはさむ。
②フライパンは弱火に熱しておく。パンをフライパンにのせ、
両面を2分ずつ焼く。アルミなどをのせ、その上に重し用の鍋をのせて、
全体を少し潰しながら焼く。
③食べやすい大きさに切ってピクルスを添えたら出来上がり。


■アメリカン・ポーク 肩ロースのマーマレード煮
材料(4人分)
アメリカン・ポーク 肩ロース肉・・・500g
水・・・2~2.5カップ
マーマレード・・・大さじ4
白ワイン・・・1/4カップ
塩・・・小さじ1/2
ナンプラーまたはしょうゆ・・・小さじ1/2
中濃ソース・・・大さじ1/2
お好みでアスパラガスまたはいんげん・・・適宜

作り方
①アメリカン・ポーク肩ロースかたまりを切る。時間がないときは1cmほどの薄さに、
時間があるときは500を4等分のかたまりに切る。
②鍋に全ての材料を入れ煮込む。薄切りの場合は1時間、厚切りの場合はもう少し時間をかける。
水分が減ってきたら水を追加する。肉に竹串を刺してすーっと通るくらいやわらかくなるまで煮る。
(圧力鍋の場合は肉を大きめに切る。圧がかかって弱火で20分ほどで柔らかくなる。水は1.5カップに減らすこと)
③器に盛り付け、最後にゆでたアスパラガス、またはいんげんをちらしたら出来上がり。


■バックリブとたけのこのエスニック煮
材料(4人分)
アメリカン・ポーク バックリブ・・・1キロ
水・・・4カップ
塩・・・小さじ1
ナンプラー・・・大さじ2
すし酢・・・大さじ1
砂糖・・・大さじ2
にんにく(皮をむいて半分に切る)・・・2かけ
酒・・・1/2カップ
玉ねぎ(皮をむいて8等分のくし切り)・・・1個
水煮たけのこ(8等分のくし切り)・・・大1個
お好みでシャンツァイまたはねぎ・・・適宜

作り方
①バックリブは骨と骨の間を切っておく。全ての材料を鍋にいれ、1時間程度煮る。
(圧力鍋の場合は圧がかかってから弱火で20分が目安)
そのときは、水の量を3カップにへらしておく)
②器に盛り付け、最後にシャンツァイ、または薄切りのねぎをちらしたら出来上がり。


※塩は肉を固まらせる働きがあるので、塩分の味付けは最後にするのがベストだそうです。
ただ、入れ忘れると味の薄い、ただのマズイ料理になってしまうので忘れそうな人は最初から入れること!
だそうです^^





スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://chibimocha.blog118.fc2.com/tb.php/543-d85bf6fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【テーブルクロスでリメイク】 «  | BLOG TOP |  » 【ESSE6月号に登場させていただきました】

プロフィール

Author:mocha
部屋ごとに違うテイストを楽しんでいます。
目指すは「毎日が楽しい生活」♪

最新記事

カテゴリ

未分類 (152)
リメイク/手作り/DIY (127)
DIYガーデニング (26)
掲載誌など (17)
インテリア (33)
羊毛フェルト (31)
収納・掃除 (69)
キッチン (12)
料理・おかし (64)
壁アート (5)
屋根裏べや (2)
趣味の部屋 (13)
夫の部屋 (2)
テラス (2)
リフォーム (10)
チビ太 (144)

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。